環境に優しいエネルギー

近年、環境に優しいエネルギーの利用が進められています。

太陽光発電や風力発電などのグリーン電力の普及を促進するため、フィードインタリフという助成制度が設けられています。
これは電力会社がグリーン電力を買い取る際に、売電価格をあらかじめ法律で決めておくことによって、それらの設備を導入している者を優遇する制度のことです。

このフィードインタリフによって環境に優しいエネルギーの利用が広がっていくことが目的とされています。
現在は太陽光発電や風力発電は環境に優しいエネルギーであるというメリットはあるものの価格が高価であるので他の発電方法の方が主流です。
しかしフィードインタリフという助成制度ができることによって、売電価格が固定されるので採算性が向上するのではないかという予想がなされています。

また、太陽光発電は設備の設置数が増えていくことによって生産が拡大し、価格がさらに下がると言われています。
現在ではまだ安いとは言えませんが、今後さらに太陽光発電や風力発電などのグリーン電力が普及していけば価格は抑えられることでしょう。
そしてフィードインタリフ制度があることによって、使用者は売電価格が保証されるので安心して太陽電池を利用し続けていくことができます。

環境に優しいエネルギーの利用がさらに拡大していくためには、私たちがグリーン電力や省エネに興味を持って知識を得ることが大切です。
これからは電気について、より深く考える必要があるのです。

積算電力量計

電力量計とは一体どのようなものなのでしょう。
名前だけ聞いてもピンとくる人は少ないのではないでしょうか。
とりあえず、「電気を量るもの?」というイメージですね。

電力量計とは、その系統の電路で使用した電力量を測定するための機械になります。
積算電力量計とも呼ばれています。
電量量計は一般的には電気メーター電力メーターという呼び方もされています。
こちらのほうがしっくりくる人は多いと思います。

電力量計を経由して流れた電力を数値化して表現して見ることが出来、この数値を元に電気料金の支払い、エネルギー管理を行っているのです。

一般家庭用の電力量計は交流電力の有効電力を計測するだけの機能を持っている誘導型電力量計が主流となっています。
業務用施設ではデジタル化された静止型電力量計が数多く採用されているとのことです。

アラゴの円盤の回転を利用したものが誘導型の電力量計です。
電気の流れによって回転する円盤の回転数によって、電力を積算し、数値化しているのです。
家庭用としてとても広く普及している電力量計であり、家の外壁などに取り付けられているのをよく目にすることがありますね。

国内の計器メーカーにおいては大崎電気工業株式会社などが第一線で活躍しています。
非常に多くの電力量計を生産発売しています。

もちろん、太陽光発電においてもこの電力量計、電力メーターは重要な役割を負っています。
どれだけの発電量があるのか、現在の発電量はどれくらいなのか、どれくらい家庭で消費したのかを目にできるモニターとして活躍しています。

電気メーターによって過不足が分かりますので、家族の省エネ意識の向上も図ることができますね。

太陽光発電を導入するなら適正価格で導入!太陽光発電見積り比較で検証した後でもいいかもしれません。

産業用太陽光発電の価格比較ならタイナビネクスト
産業用太陽光発電の価格比較ならタイナビネクスト

更新情報